2020.08.04

Swallowtail Butterfly

高校生でMacを持ってたD君と文化祭のために映画を撮った。今思えばすごいことだが、120分のDVカメラのテープをFireWireで取り込むには当然120分待たなければいけなかった。それを待ちながら岩井俊二の映画をよく見て…

2020.07.21

興味を持つことはむずかしい

多分村上龍が言っていた気がするのだけれど、一冊目の成功の経験で二冊目は書ける、問題は三冊目だ。 これは特に関係がないのだけれど、自分は何をやっても2年で飽きてしまう気がする。正確に言うとそれを始めた時の興味が2年後にアッ…

2020.07.18

「現代経済学の直観的方法」を読んだ

著者の狙い通り、経済学部出身ではない人、経済関連書籍を読むに当たって挫折しかけている人などは全員読むべきなのは、というくらい一冊で経済の全体観が掴めるような本であった。 資本主義とかそもそも何か、なぜ資本主義は止まること…

2020.06.06

「ファシズムの教室 なぜ集団は暴走するのか 」を読んだ

ナチスドイツ、ファシズムは単純に社会主義でも全体主義でもなく、当時の世界とドイツの状況が複雑に絡み合って発生したという事がこの一冊でよく理解出来る。(ナチはあくまでも軍事力を強化するために様々な経済政策をしているし、後に…

2020.05.15

「知と愛」ヘルマン・ヘッセ

知に生きるナルチスと愛に生きるゴルトムント。反する二人が時に離れ時に補完し、最後には融合していく。 新型コロナウイルスの渦中でスペイン風邪の話とかウイルスによってパンデミックが起こる映画の話とかが散見する中で、あーヘッセ…

2020.05.13

「知ってはいけない」を読んだ

まぁどこまでが本当でどこまでが嘘かは分からないんだけれども、日本は未だアメリカの占領下であるというのは全くの間違いではないし、同時にそれを享受することによる恩恵もある事実という。どっちがいいのかという話とかまた別なのかな…

2020.05.11

「ほんとうの「哲学」の話をしよう 哲学者と広告マンの対話」を読んだ

ドゥルーズが言うように哲学は概念の発明、新しいものの見方の発明。これはブランドやマーケティングにも通ずる。このメガネをかけると世界はこう見えますよ、どう思いますかという投げかけ。 広告のバームクーヘン化、90年代までは事…

2020.05.01

「リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください」を読んだ

正直なところ結構むずかしくてほとんど理解できなかった… リベラリズムの歴史的起源は「啓蒙」と「寛容」。啓蒙主義というのは理性の重視。理性によって蒙を啓(ひら)く。因習や迷信を理性によって打破し、その抑圧から人…

2020.04.28

「寝ながら学べる構造主義」を読んだ

著者も冒頭で述べている通り、専門家のためではなく、あくまでも初学者のために平易な文で書かれていて非常に読みやすかった。ちょっと前に読んだので線を引いていた部分を簡単にメモ ニーチェのギリシャ悲劇のコーラスに関する考察。 …

2020.04.27

「現代社会はどこに向かうか」を読んだ

急速に増殖してきた人類は1970年代に減少に転じる。無限だと思われた環境資源は有限であるという事実が明らかになる。ポストモダンにおいて人々の価値観がどう変わっているのか、そして曲がり角をむかえた人類はどのような未来に向か…