2018/01/01

無題

いつにもまして年末感がなかった

人は何かに区切るをつけるために年末を作ったのだろう

今、少なくともこの年を越したことには、僕の人生の区切りではない

区切ることもなかったのだろう

寒い夏がまだ続いている